◆メラビアンの法則

竹中直人さんの、笑いながら怒る芸
この前TVでみて・・・大爆笑したわけです。

でも笑えない例として、たまにいますよね、
ニコニコと近寄ってきても、眼が笑ってない人。

「うわー何!?この人・・・。」そうゆう人って、

・本人が気づいている人と
・いない人っていますよね。

本人が気づいていないと、イタイ人です。
たまに、そんな人が上司になると、ヤバイです。

やたら挨拶の声が大きかったりします。

満面の笑顔と本人は思って、
相談?という名目で(どこかのビジネス書で読んだのでしょう)
・・・近寄ってきますが

始めっから、自分の世界から出てきません。

良い・悪いの問題でなく気の毒です。
周囲の人達、その上の上司は気づいていますので。

「男の嫉妬は、女性より怖いよ」って
尊敬する先輩がアドバイスしてくれた事がありますが
このタイプの人ですね。

○メラビアンの法則

もともと、矛盾した異なるメッセージが与えられた時、
(人の行動感情)どの情報を優先するかという研究でした。

 言語情報が・・・7%、
 口調やスピードなどの聴覚情報が・・・38%、
 見た目の視覚情報が・・・55%

上記の割合で影響を与えたというのです。
7・38・55のルールと言われ
 言語=Verbal
 聴覚=Vocal
 視覚=Visual
の頭文字を取って3Vの法則ともいわれているのです。

 

 

 

関連記事

  1. “傍観者効果:なぜ人々は行動しないのか?”

  2. ◆言語相対性仮説

  3. “パブロフの条件付け:心理学の魔法で生活改善

  4. ◆ん・・・メタプログラム

  5. ◆自律神経を刺激した・リラックス

  6. “感情知能を解き放つ:感情調整の秘密兵器”

  7. ◆パーソナルスペース

  8. “ヴィゴツキーの最近接発達領域:教育と学習