◆チャンキング

ここでのチャンキングは、バイク
・オートバイレースや、F1レースの(高速走行時)
、タイヤにトレッドの
剥離として起きる、チャンキングとは違うのです・・・(笑)。

ここで話題にしたい、チャンキングとは、数字など
あるきまった区切りで覚える記憶、かたまりの事です。
通常、7個以下のかたまりで覚えることが、効果的と言われます。

また、コーチングやメンタルトレーニングの領域では
・チャンクアップ(chunk up)、
・チャンクダウン(chunk down)としても使われます。

バードアイとか、木をみて森を・・・といいますが
目の前の問題や事象に対して、
森を見ることと、木を見ることとの双方の大切さを
生かす時に有効です。

チャンクダウンは、問題を複数のかたまりに要素を分割
チャンクアップは、次元を上げて大きな枠組みで捉えるということ

あー今日も、宇宙のために・・・
妻から
頼まれた、食器洗いやりますかー!(って)

 

 

 

関連記事

  1. “単純接触効果:マーケティングと心理学の交差点”…

  2. “認知的負荷:ワーキングメモリと学習の科学”

  3. ◆視線解析とウェアラブル技術

  4. ◆メタ・コミニケーション

  5. ◆5つの軸と8つの習慣・体編

  6. “成功への鍵:成長マインドセットの理論と実践”…

  7. “スケープゴート理論:偏見や差別の背後にある心理学R…

  8. ◆感性を磨く芸術にふれるとは?