◆カクテルパーティー効果

学生時代の体育会系出身者は、
「○○さん」と呼ばれると
「ハイッ!」、返事がいいのです。

ただこれは、沢山の人が集まるパティーの中、
他人の話し声が雑多、飛び交う中であっても、
名前が呼ばれると(必要な情報に)、反応している効果です。

人違いなのに「ハイッ」と大声が出ると、最高にはずかしのですが・・・。
これは、カクテルパーティー効果と言われます。

人は音を処理して、必要な情報・関係のある情報だけを再構築して
(この場合自分の名前)取り出していると、考えられています。

イヤホンなどにもこの機能が応用されています。
(必要な音源を取り出す、またはカットする機能)ノイズリダクション機能他。

ブラインド情報源分離とも言われるこの効果は、BSSとも言われ
BSSは複数の音源を複数のマイクで録音したデータから、
それぞれの音源を分離するようなときに使われる機能です。

わざと、立場の悪い情報にブラインドをかける行為は・・・?。

 

 

 

関連記事

  1. ◆自己開示の返報性

  2. フィギュアスケートとフォワードの法則

  3. ◆プライミング効果

  4. ◆プラトー現象

  5. ◆モデリング効果

  6. ◆コーチング・フローへ導く

  7. ◆リズム感と記憶力の強化

  8. ◆コントラスト効果