“認知的負荷:ワーキングメモリと学習の科学”

第1章:認知的負荷の研究歴史と代表的な研究者

認知的負荷理論(Cognitive Load Theory、CLT)は、オーストラリアの教育心理学者
ジョン・スワラー(John Sweller)によって1980年代に提唱されました。
この理論は、人間の認知アーキテクチャ(特にワーキングメモリ)が学習と指導に
どのように影響を与えるかを理解するためのフレームワークを提供します。
スワラーは、情報の複雑さと学習者の先行知識が認知的負荷を決定すると提唱しています。

認知的負荷理論は、学習者が新しい情報を効果的に処理できるように、教育者が認知的負荷を
適切に管理する必要があると主張しています。
この理論は、教育心理学だけでなく、人間とコンピュータのインタラクションや、
ユーザーエクスペリエンスデザインなど、多くの分野で応用されています。

◆いくつかの研究論文とその概要を紹介

  1. “Cognitive Load Theory: An Updated Review”
    (認知的負荷理論:更新されたレビュー)
    • この論文では、認知的負荷理論(CLT)の最新の進展について説明しています。
      CLTは、人間の認知アーキテクチャ(特にワーキングメモリ)が学習と指導に
      どのように影響を与えるかを理解するためのフレームワークを提供します。
      情報の複雑さと学習者の先行知識が認知的負荷を決定すると提唱しています。
  2. “The Role of Cognitive Load in Learning and Instruction”
    (学習と指導における認知的負荷の役割)
    • この論文では、認知的負荷が学習と指導にどのように影響を与えるかを詳しく
      説明しています。認知的負荷は、ワーキングメモリの容量を超えると学習が
      困難になると述べています。したがって、教育者は、学習者が新しい情報を
      効果的に処理できるように、認知的負荷を適切に管理する必要があります。

◆認知的負荷について

認知的負荷とは、特定のタスクを遂行するために必要な精神的な
努力の量を指します。
これは、私たちのワーキングメモリ(短期記憶)が一度に処理できる情報の量に
直接関連しています。ワーキングメモリの容量は限られており、
その限界を超えると、新しい情報の理解や学習が困難になります。

たとえば、あなたが新しい数学の問題を解決しようとしているとき、
その問題を理解し、解決策を計算し、答えを記憶するためには、ある程度の精神的
な努力が必要です。これが認知的負荷です。
問題が複雑であればあるほど、またはあなたがその主題についての先行知識が
少なければ少ないほど、認知的負荷は高くなります。

したがって、学習やタスク遂行の際には、認知的負荷を適切に管理することが
重要です。情報を小分けにしたり、複雑な問題をより簡単な部分に分解したり
することで、認知的負荷を減らし、学習効率を向上させることができます。

第2章:最新の研究論文の紹介

  1. “A temporally quantized distribution of pupil diameters as a
    new feature for cognitive load classification”
    認知的負荷の分類のための新しい特徴、時間的に量子化された瞳孔直径の分布
    • この研究では、瞳孔情報に基づいて認知的負荷を分類するための新しい
      特徴が提案されています。この特徴は、アイトラッキングの記録の時間的な
      セグメンテーションから構成されています。各時間的なパーティションの
      セグメントに対して、瞳孔のサイズの確率分布が計算され、保存されます。
      これらの確率分布は、その後、認知的負荷を分類するために使用することができます。
  2. “Use of Eye-Tracking Technology to Investigate Cognitive Load Theory”
    認知的負荷理論を調査するためのアイトラッキング技術の使用
    • この研究では、アイトラッキングに基づくパラメータが認知的負荷の
      三つの種類◆(内在的負荷、外在的負荷、有益な負荷)とどのように関連
      しているかを示しています。これらの負荷は、学習者が新しい情報をどのように
      処理するかに影響を与えます。

第3章:エンジニアや、経営者が研究結果を活用する方法

認知的負荷理論は、エンジニアや経営者がチームのパフォーマンスを向上させるための
有効なツールとなります。例えば、新しいスキルを習得するためのトレーニング
プログラムを設計する際に、各メンバーの認知的負荷を考慮することで、
効率的な学習経路を提供することができます。また、認知的負荷理論を理解する
ことで、各メンバーがどのような支援を必要としているかを把握し、
適切な支援を提供することができます。

第4章:アスリートや子育て、日常生活での活用方法

認知的負荷理論の概念は、アスリートのトレーニングや子育て、日常生活の中でも
活用することができます。例えば、アスリートが新しい技術を習得する際に、
その技術がアスリートの認知的負荷にどのように影響を与えるかを考慮することで
効率的な学習経路を提供することができます。また、子供が新しいスキルを習得する際に
、そのスキルが子供の認知的負荷にどのように影響を与えるかを考慮することで、
適切な支援を提供することができます。

第5章:注意点

認知的負荷理論を活用する際の注意点として、個々の学習者の能力やニーズを適切に
評価することが重要です。学習者が自力で達成できるレベルを過小評価したり、
逆に過大評価したりすると、学習者は適切な挑戦を経験することができず、
学習の効率が低下する可能性があります。また、
学習者の認知的負荷は、時間とともに変化するため、定期的に評価を更新
することも重要です。

関連記事

  1. “スタンフォード刑務所実験:権力ダイナミクスの深淵を探る&…

  2. ◆ホフスターッターの法則

  3. “感情知能を解き放つ:感情調整の秘密兵器”

  4. “スケープゴート理論:偏見や差別の背後にある心理学R…

  5. ◆部分刺激の拡大効果

  6. ◆ツァイガルニック効果

  7. ◆怪我をしない体づくり5つの軸と8つの習慣

  8. ◆かたちのない形を持つ力!