ドア・イン・ザ・フェイステクニックとは?

第一章: ドア・イン・ザ・フェイステクニックの概要

学校のPTAが、予算の不足により学校の図書館の改装を行うための寄付を募ることになりました。最初に大きな寄付を求めることで、多くの人々が拒否しましたが、その後に小さな額の寄付を依頼すると、予想以上の支援が得られたのです。このニュースは、ドア・イン・ザ・フェイステクニックが実際の社会の中で有効な戦略として使われていることを示しています。

 

第二章: ドア・イン・ザ・フェイステクニックの説明

最初に大きなお願いをすることで相手の反応を見るんです。例えば、友達におもちゃを貸してほしいと頼む前に、まずは友達に一緒に遊びに行こうと大きなお願いをするんですよ。すると、友達は断るかもしれません。でも、その後におもちゃを貸してほしいと頼むと、友達は驚いて「まあ、いいよ」と言ってくれることがあるんです。

なぜ、そんなことが起きるのか知っていますか?それは、人々が一貫性を大切にするからなんです。一貫性とは、自分の言動が一貫していることを意味します。だから、最初の大きなお願いを断った後に、小さなお願いを受け入れることで、相手の心に「一貫性のバランスが取れている」という感じが生まれるんです。

このドア・イン・ザ・フェイステクニックは、たくさんの研究で調べられてきました。例えば、ある研究では、学校の図書館の寄付を募るために大きな額を求めた後に、少ない額を頼むという方法が使われました。すると、たくさんの人が少ない額を寄付してくれたんですよ。

この研究では、人々の心理についても考えられました。最初に大きな額を断られた人は、「自分は寄付をしない人」というイメージを持ちます。しかし、その後に少ない額を頼まれたときには、「まあ、少しなら寄付してもいいかも」と思うようになるんです。つまり、最初の大きな要求が拒否されると、人は自分が寄付をしないタイプだと思ってしまうのです。そのため、後から小さな要求が来たときには、自分のイメージに合わせて寄付をすることで一貫性を保とうとするんです。

これらの研究からわかるように、ドア・イン・ザ・フェイステクニックは人々の心理に影響を与える有効な手法です。大きな要求をすることで相手の反応を見ることができ、その後に小さな要求をすることで目的を達成することができるのです。

第三章: アスリートや経営者での応用事例

ドア・イン・ザ・フェイステクニックは、スポーツ選手や経営者においても応用されることがあります。例えば、アスリートのトレーニングにおいては、コーチが最初に非常に厳しいトレーニングやハードな練習スケジュールを提示します。選手は最初の要求に対して拒否反応を示すかもしれませんが、その後に現実的な目標や練習プランを提案すると、選手はより積極的に取り組むようになるでしょう。

同様に、経営者はビジネスパートナーや顧客との交渉においてドア・イン・ザ・フェイステクニックを活用することがあります。例えば、大口の注文をする前に、相手にとって難しい条件を含んだ契約を提示します。この要求は一旦拒否されるかもしれませんが、その後により妥協の効く条件や割引を提案することで、相手は受け入れやすくなるでしょう。

 

第四章: 日常のウエルビーング・生活で応用できる使い方

ドア・イン・ザ・フェイステクニックは、日常生活でも親子関係において応用できる有用なツールです。例えば、子供が遅くまで遊びたいとお願いしてきた場合、最初に厳しい時間制限を設けることで拒否します。その後、子供が納得しやすい程度の時間制限を提示すると、子供はより納得して従う可能性が高くなるでしょう。

また、学校の宿題に取り組む時間を増やしてほしいという子供の要求に対しても、同じテクニックが使えます。最初に大幅な時間増加を拒否し、その後に少しだけ時間を増やす条件を提示すると、子供は前向きに取り組む姿勢を示すかもしれません。

このように、ドア・イン・ザ・フェイステクニックは親子関係において、バランスの取れた交渉や合意形成を促す有効な手法となります。

 

第五章: 学びの歴史人の言葉の引用

  1. 「成功は、大胆な要求の連続である」 – ピーター・D・ウィンタートン
  2. 「小さな成功は、大きな成功への道である」 – ブライアン・トレーシー
  3. 「達成するためには、大きな一歩を踏み出す必要がある」 – ロバート・H・シュライヤー

これらの名言は、成功を追求する過程でドア・イン・ザ・フェイステクニックの原則を示しています。大きな目標を追い求めることは困難ですが、その後に小さなステップを踏むことで成功に近づくことができるのです。

ドア・イン・ザ・フェイステクニックは、心理学的な戦略としてさまざまな場面で活用されています。スポーツ選手や経営者の成功戦略として応用されるだけでなく、日常生活や親子関係でも使うことができるのです。大きな要求をすることで相手の心理状態を変え、その後に小さな要求をすることで目的を達成しましょう。

 

関連記事

  1. ◆発達の最近接領域

  2. ◆アイ・アクセシング

  3. “バーナム効果:なぜ私たちは占星術と性格テストを信じる

  4. ◆GRID一流へと導く力

  5. “スケープゴート理論:偏見や差別の背後にある心理学R…

  6. ◆エメットの法則

  7. “単純接触効果:マーケティングと心理学の交差点”…

  8. “ポジティブ・リインフォースメント習慣の報酬科学̶…