◆視線解析とウェアラブル技術

NLPでは、視線解析を行い、目のまえの人が、
どの表象システムをはたらかせているかを知り、働きかける際に活用します。

人が外部の世界を認識するときには、五感を外に向かって、はたらかせています

また、経験を再体験するときには五感を内に向かってはたらかせているのです。

表象システム、人はV・A・Kでタイプ分けすることができます。
 V・・・視覚、感覚優位
 A・・・聴覚、感覚優位
 K・・・体感覚、優位
分類が重要なのではなく、あくまでヒントにするくらいで活用するのです。

簡単なウソを見抜くには、
視覚解析を行う事で、見分けるヒントにします。

簡単に言うと、過去を思い出す動きを認識しておき
確認したい事象や行動を、質問をして話してもらう手法で使えるのですね。

 

 

関連記事

  1. “否定的な情報を避けるダチョウ効果:心理学的洞察̶…

  2. ◆シャワー効果と噴水効果

  3. ◆アイ・アクセシング

  4. ◆構成主義/要素主義

  5. ◆パレートの法則

  6. ◆メタ・コミニケーション

  7. 認知的不協和:意思決定と認知の交差点

  8. ◆バーナム効果