◆行動への逃避

ウソというものは、隠そうとしていてもとかく行動にでやすいものです。
スポーツ勝負の世界でも、これを上手に読み取ると
有利に試合を展開、進めることができます。

野球部時代に、高校の監督からスクイズの見抜き方を教えてもらいました。
今でも応用して使っていますが、緊張状態にあれば
あるほど、人には本人も気づかない癖・行動となって
現れる現象があるものです。

日常では隠し事があると、むやみにおしゃべりになったりする人、
ウソをついているときには、ソワソワしていたりと、
いつもと違った、行動をとることがあります。
こうした現象を

○行動への逃避、と言われています。

例えば、牽制球を投げる前、ピッチャーがセットに入る際の
動きの違った癖であったり、

変化球を投げる前の、ちょっとした動作の違いであったり
見つけると勝負の流れを変える事が出来て、面白いのです。

 

 

関連記事

  1. “心の隠れた守護者:防衛機制を探る”

  2. ◆サブリミナル効果

  3. “認知的負荷:ワーキングメモリと学習の科学”

  4. ◆流れ◎勝負の間合いを感じる力!

  5. ◆匿名効果と割れ窓理論

  6. ◆マスキング効果

  7. ◆セルフイメージ

  8. “スタンフォード刑務所実験:権力ダイナミクスの深淵を探る&…