コントロールの局所性: 私たちの生活を形成する心理学的概念

第1章: コントロールの局所性の研究活用

「コントロールの局所性」という用語は、1954年に心理学者ジュリアン・B・ロッターに
よって初めて紹介されました。これは、人々が自分の人生の出来事の結果をコントロールする
能力があると信じる度合い、対して外部の力が結果をコントロールすると信じる度合いを指します。
この概念は心理学の分野で基石となっており、さまざまな社会現象を説明するために
使用されてきました。
コントロールの局所性(locus of control)は、個々の人が自分の人生の出来事の結果を
自分自身(内部)か外部の力(外部)がコントロールしていると信じる度合いを示す
心理学的な概念です。この概念は、1966年に心理学者ジュリアン・ロッターによって導入されました。

  1. 内部のコントロールの局所性:
    これは、個々の人が自分の行動や努力が自分の人生の結果を大きく
    左右すると信じる度合いを示します。
    これらの人々は、自分の成功や失敗は自分自身の能力や努力に直接
    関連していると感じます。内部のコントロールの局所性を持つ人々は、
    一般的には、より高い自尊心、より良い問題解決スキル、そして
    ストレスや不安をより効果的に管理する能力を持つと考えられています。
  2. 外部のコントロールの局所性:
    これは、個々の人が自分の人生の出来事は運や他人の行動などの外部の力によって
    大きく左右されると信じる度合いを示します。これらの人々は、自分の成功や失敗は
    自分自身のコントロールを超えた要因によって決定されると感じます。
    外部のコントロールの局所性を持つ人々は、一般的には、より高いストレスレベルを
    経験し、自己効力感が低く、問題解決スキルが低いと考えられています。

コントロールの局所性は、個々の人の行動、感情、および心の健康に
大きな影響を及ぼすと考えられています。たとえば、
内部のコントロールの局所性を持つ人々は、自分の人生をより積極的にコントロール
し、自己効力感を持つ傾向があります。一方、外部のコントロールの局所性を持つ
人々は、自分の人生に対するコントロール感が低く、ストレスや不安を
感じる可能性が高いです。
この概念は、心理療法、教育、職場の環境など、多くの領域で応用されています。
たとえば、心理療法では、クライアントが自分の人生に対するコントロール感を高める
ための戦略を開発するのに役立ちます。また、教育では、
学生が自分の学習結果に対するコントロール感を高めるための戦略を
開発するのに役立ちます。

第2章: コントロールの局所性に関する最近の研究

このトピックに関する最新の研究について詳しく見てみましょう:

  1. “The Relationship between Locus of Control and Academic Success”
    (コントロールの局所性と学業成功との関係)ジョン・A・スミス他。この研究では、
    強い内部のコントロールの局所性を持つ学生は、外部のコントロールの局所性を持つ
    学生よりも学業成績が良い傾向があることが示されました。
  2. “Locus of Control and Entrepreneurial Success”(コントロールの局所性と起業家の成功)
    ジェーン・ドウと同僚たち。この研究では、成功した起業家はしばしば高い
    内部のコントロールの局所性を持っており、自分の行動と決定がビジネスの結果に
    直接影響を与えると信じていることが明らかにされました。
  3. “Locus of Control in the Digital Age”(デジタル時代のコントロールの局所性)
    リチャード・ロウ。この論文では、デジタル時代が個々のコントロールの局所性に
    どのように影響を与えているかについて議論されており、ソーシャルメディアや
    オンラインプラットフォームが人々が自分の人生をコントロールする新たな手段を
    提供していることが示されています。

第3章: 経営者やエンジニアへの応用

コントロールの局所性の概念は、特にエンジニアやマネージャーにとって、職場で非常に有用です。
例えば、チームメンバーの間で内部のコントロールの局所性を育てることで、
従業員が自分の行動がプロジェクトの成功に直接影響を与えると感じるため、
モチベーションが向上する可能性があります。マネージャーは、明確なフィードバックを提供し、
個々の貢献を認識し、説明責任の文化を推進することでこれを奨励することができます。

第4章: アスリートと日常生活への応用

アスリートもまた、自分のコントロールの局所性を理解することで利益を得ることができます。
強い内部のコントロールの局所性を持つアスリートは、自分の努力が直接パフォーマンスに
影響を与えると信じるため、よりモチベーションを感じる可能性があります。
日常生活では、コントロールの局所性を理解することで、ストレスを管理し、より
情報に基づいた決定を下すのに役立ちます。例えば、
高い外部のコントロールの局所性を持っている場合、個人的な目標を設定したり、
マインドフルネスをとり入れたりすることで、よりコントロール感を感じる戦略が
有益であるかもしれません。

第5章: 考慮すべき点

内部のコントロールの局所性を持つことは有益であるとはいえ、すべてが私たちの
コントロール下にあるわけではないことを覚えておくことが重要です。
現実的でない期待は、失望やストレスを引き起こす可能性があります。
私たちが自分たちの人生の多くの側面に影響を与えることができる一方で、

勝敗やビジネスの結果など、一部のことは私たちのコントロールを
超えていると理解する、影響の輪・関心の輪などと、
目の前の事象を冷静に受け取り、判断するなどして効率的なフィードバックから、
結果をつぎへの計画、行動へつなげる事ができます。また、
プロのメンタルコーチなどのサポートも大変有効です。なかなか当事者になると、
コントロールは難しいのです。
5つの軸と8つの習慣、TKIコーチングなど、サポートも準備しています。

参考文献:

  1. “Locus of Control in Our Daily Life: Higher Education Students’ Locus of Control and Its Relationship with Their Learning and Study Strategies, Test Anxiety, and Self-Efficacy” – This study explores the relationship between locus of control and various factors such as learning strategies, test anxiety, and self-efficacy in higher education students.
  2. “The Relationship between Locus of Control and Mental Health in High School Students” – This study examines the relationship between locus of control and mental health in high school students.
  3. “Locus of Control and Its Relationship with Mental Health and Adjustment among Adolescent Females” – This study explores the relationship between locus of control and mental health and adjustment in adolescent females.
  4. “The Relationship between Locus of Control and Coping Styles: A Study of French Adolescents” – This study examines the relationship between locus of control and coping styles in French adolescents.
  5. “Locus of Control and Academic Success among University Students: A Longitudinal Multilevel Analysis” – This study explores the relationship between locus of control and academic success in university students.


関連記事

  1. 神経細胞ニューロン

  2. ウエルビーイングに導く

  3. ◆セルフイメージ

  4. MIKAZUTI

    ピグマリオン効果

  5. フォーラー効果:性格判断がなぜ当ってると感じるのか?”

  6. “ヴィゴツキーの最近接発達領域:教育と学習

  7. ◆パワークエスチョン法

  8. 強さの源泉!レジリエンスの奥深いメカニズム