◆部分刺激の拡大効果

野球やソフトボールのコーチをしていても、ある選手が
何か一つ技術を得とくし、自信を持つようになると、

例えば投手が、ある変化球が投げれるようになった事で、
認められる、ほめられるなどで、技術的にも全体に
レベルがグッと向上することがあります。

ひとつの事を、ほめられつづけた事がきっかけとなって、
すべてにおいて皮がむける
というか、飛躍する選手がいるものです。

禅でいう・啐啄同時というか、
飛躍するタイミング、要を活かす。

「部分刺激の拡大効果」という心理学用語があります。
自我への一部のほめ言葉を、自我全体に拡大していく
、心理なのです。

選手や人材育成においても、
承認する、ほめるという行為は重要ですね。
メンタルトレーニングにおいては
ほめている自分にも、その効果が備わるとも言われています。

まるでビリヤードのように、つつかれて
まわりに伝染していくのです。
チーム・フローの状態を、必然的につくりだす
きっかけにも出来るのです。

 

関連記事

  1. 成長マインドセット◎育成方法

  2. ◆アンカーリング

  3. ◆フォールス・コンセンサス

  4. ◆両面提示・片面提示

  5. ◆構成主義/要素主義

  6. ◆ピーターの法則

  7. ◆ここ一番に勝つHONDAスピリッツ

  8. ◆コミットの力で150キロの剛速球