連覇の陰に◎RANGE思考あり

ボクシングの防衛戦にしても、今年開催されたオリンピック競技、
バイクや自動車のレースにしても、連続で勝ちづづける事の難しさは
知られるところです。

研究テーマの1つでもある、ここの背景には
競技そのもの以外の知識や刺激が必要になってくるようです。
F1レースでも、飛行機の技術を取り入れてブレイクスルーした話しは
聞いた事がありますが

私自身、エンジニアの基礎である、プログラミングを
30代後半で学んでから、コーディングやコンテンツ制作をしてきました。

通常は実業団のスポーツ部を引退すると、営業や予算、物流管理など
ホワイトカラー系の職種につきます。

変人気質の私は、材料力学や3D設計などを社会人入学して
学びなおし、研究開発系の職場にすすみました。

3D設計用CATIAというCADツールをつかって
CAE解析や製造領域の、マニュアル動画制作も
外注するのでなく、自ら作業してスマホに入れ込みアフリカ
などの途上国に発信しました。

しかし最近になって久しぶりに設計用の3Dファイルをいじってみると
まー進化しています。シンプルにいいと感じるのです。

ただ、キャリア形成や社内評価ではいろいろと強硬した事で
損をしたようですが、IOTからのAI用のデーター処理も、
メタバースでホットな領域進化、アルゴリズムの方向性が
理解できるのです。

ADHDの特性で、過剰集中状態から2、3日、
耳鳴りに悩まされるようになりますが時もありますが、楽しいのです。

プログラム=機械言語にするには、
ユーザーの認知や行動思考をあらかじめ予測して
そのうえで、1つ1つ伝える事が必要です。

これはコーチングや、野球投手の配球に通じるものがあります。
「そーきたか」「そー処理したか( ^ω^)・・・」

やばいなーと思いながらも、この思考の転用が、面白いのです。
【RANGE】というコーチング手法があります。

これは、知識の幅、経験の幅が最強の武器になるという最新研究から
デイビット・エプスタイン著書でも、1万時間やグリッド思考に
だまされるな、と・・・従来のタイガーウッズ型育成方法に、
一石を投じる育成&アプローチ方法です。

実質NLPやメンタルコーチングなどもプロのライセンス更新のため
3か月の1度、レポート提出や研究会に出席するのですが、、。

本だけを読んで、机上の空論で選手にメンタルが〇〇だー
とは安易に言えない深さと、怖さを今も実感するのです。

50にして天命も知るといいますが、まだまだ学びつづけていく
喜びと怖さ、わくわくとドキドキを今も実感するのです。

 

関連記事

  1. イチロー選手に学ぶ怪我をしない体づくり

  2. パーパス・エンジニアリング

  3. 韓信匍匐の心意気

カテゴリー